採用背景

PANA's TOPICS
パナトピ

社員インタビュー

CROSS TALK

事業所長のホンネ

いわき事業所、相模原事業所、東京事業所




パナR&Dには3つの事業所(いわき・相模原・東京)があります。
今回はそれぞれの事業所長が語り合う「クロストーク」をお届けします。

俺たちの胸アツ

國友いわき事業所長(以下、國友)
私はいわゆるポテンシャル採用で2001年に当社に入社して、技術者として16年間派遣就業しました。入社当時は評価専門のチームに所属していて、未経験ながらも“いずれは設計者に”と目標を持ちながら努力を重ねていました。2004年の派遣先の夏祭りの日に、派遣先の部長さんから「君のこれまでの努力は聞いている。これからは要素開発に従事して専門性を伸ばしてほしい。」と言っていただいて、念願の先行設計部署に異動が決まりました。あの瞬間は胸アツでしたね。やっと設計に上がれる!と、入社時からの目標が叶ってワクワクしたのを憶えています。
自分の夢に向かって行動し、ひとつずつ掴んでいったという感じです。

深田相模原事業所長(以下、深田)
私は衣料品販売会社や技術系派遣会社で営業として働いた後、2005年に当社へ入社しました。2018年に所長任命を頂きましたが、当時の社長(前社長)にはかなりビシバシやられました。責任者としてのイロハを一から教わりましたね。前社長は普段はとても気丈な方でしたが、社長退任前の最後の幹部会で号泣していたのを目の当たりにして、あぁ、会社のことを真剣に考えて本気で向き合ってきたからこそ泣けるのだな、と胸が熱くなりました。自分も泣けるくらい必死にやっていかなくては、と思いましたね。今でも時々、事業所を覗きに来てくれて、その度に気が引き締まります。

本郷東京事業所長(以下、本郷)
私は前職のシステム会社では秘書室配属でした。かねてから営業をやってみたいと思っていたこともあり、2012年に当社へ入社しました。何も分からない状態から始めた営業でしたが、深田さんに仕事も遊びもいろいろ教えていただいて、少しずつ成果が出せるようになっていきました。2018年に前社長から東京事業所所長に任命された時は嬉しかったですね。前社長はとても厳しい方で、私はしょっちゅう叱られていましたから。自分に足りていない部分がある中でも、成果を認めてもらって「本郷だったらできる」と任せてもらえたのは胸アツでした。

國友
前社長には私もたくさん指導いただきましたね。元技術者というバックボーンを持った方で、常に現場を意識した言動をされていたので、今でも参考にさせてもらっています。今ある規程や制度も前社長時代に見直しや新設したものが多いんじゃないかな。そこを経て、経済動向や組織運営に強い現社長を迎えているので、会社自体の成長や変革を実感することが増えています。

深田
入社といえば、私、採用面接に行ったら突然創業者と部長(現取締役)にいきなり面接されて、「お前はいい会社に入ったな」と言われて(笑)その場で入社が決まりました。

一同爆笑

深田
本郷くんも確かそんな感じだったよね?

本郷
はい。私も職務経歴を1分くらい話したところで創業者に「いつから来るんだ?」と言われて、その後一緒に食事に行きました(笑)
もう今の当社の採用面接では考えられないです。

所長としての心がけ

國友
私は、まずは所員のこれまでの頑張りや成果を認めるところから入るように心がけています。失敗して気持ちが落ちている時は、私だけでなく受託マネージャーや受託リーダーなどのベテランたちが過去の失敗談を話して励ましたりもします。誰でも失敗はしますから、その失敗をどう解決していくかをみんなで考えていくようにしていますね。また、所長としての立場をわきまえて勤務態度できちんと示すことも心がけています。

深田
誰でも良い時・悪い時がありますよね。私は、良い出来事や良い成果を上げた人は手放しで褒めることを心がけています。所員の気持ちが落ちている時や間違った行動をしてしまった時は、理由がはっきりしていればしっかり指導しますし、理由が分からない時は本人と一緒に理由を探します。問題を解決するために、前向きな観点で考えていくことが必要ですね。どの事業所も所員が100人近くいますので、一人ひとりに対して言い方ややり方を変えていかなければならないと思っています。いかに所員の心を掴んで事業所を運営していくか、を常に念頭に置いています。

本郷
所員とのやり取りは、最近は対面より電話が多くなりましたね。電話は表情が見えないので、声のトーンや心の機微をできるだけ拾い上げるようにしています。私たちからすると1対「多」ですが、所員からすると1対1ですから、今まで話してきたパーソナルな情報なども会話に交えたりしながら「あなたのことを見てますよ」ということが伝わるように話しています。関係性を丁寧に築き、真摯に向き合うことを心がけています。

楽しんだもの勝ち!

國友
パナR&Dを「これだったら任せとけ!」という強みの多い会社にしていきたいですね。あとは、柔軟な働き方の実現を目指したいと考えています。最近は転居しなくてもリモートで業務に参画できる働き方が加速しています。これからは社外の技術者の方にもリモートで協力していただけるような関係も構築して、組織をさらに強くしていく、ということもやっていきたいです。
今この瞬間も「時間」は過ぎています。そして年を重ねれば重ねるほど時間の経過は早いと感じます。ですから、学生の皆さんには、仕事でもプライベートでも構わないので「いつまでにこういうことをやる!」とか「いつまでにこうなりたい!」といった目標を持って進んでもらいたいです。目標があるとモチベーションが上がって考え方や行動にメリハリがつきますから。

深田
近年、リモートワークが多くなっている中で、先ほども言いましたが、所員の心をどうやって捕むかというのが大事だと思っています。会社に興味を持ってもらうための活動として、本郷さんはオンラインでイベントを開催していますよね。私もその方法を参考にイベントを企画して、今まで出来なかったこともリモートでやってみたいです。そして社員のベクトルを合わせて、國友さんが言っていたようにパナR&Dの強みを活かしていけたらいいですね。
ものごとは楽しんだ方が勝ち!就活ってすごく大変だと思いますが、ぜひ小さなことでも楽しみを見つけて活動してほしいです。もし落ちても「いろんな会社を見ることができて楽しかったな」「世の中にはこういう会社があるのだな」と感じながら就活してもらいたいです。受けた会社の数だけ楽しみがあると思います。

本郷
私は「どんな仕事をするか」よりも「会社をいかに思えるか」が大事だと思っています。会社って「箱」なので、中にいる人(=社員)が全てです。もちろん、達成感ややりがいがなければ仕事は続きませんが、一緒に働く仲間の存在は大きいです。だから社内イベントも全力でやって、仕事以外の関わりももっと増やしていきたいですね。社員の皆さんにパナって楽しいよねと思ってもらえる会社にしたいです。
私も深田さんと同じく、楽しんだもの勝ちだと思います。あとは「思い」と「行動」を一致させてほしいです。何かをしたいと思うのは簡単ですが、実際に行動に落とすのにはエネルギーが要ります。だけど行動したこと(=経験)は何かしら自分に活きていきます。学生の皆さんには「思い」と「行動」を一致させて就活に挑んでほしいと思います。


國友 厚志(くにとも あつし)
2001年パナR&D入社。回路系技術者として派遣就業し、2017年からいわき事業所長。2018年から営業部副部長兼務。
趣味はドライブ(車いじりが好き)とロールプレイングゲーム。

深田 義伸(ふかだ よしのぶ)
衣料品販売会社、技術系派遣会社の営業等を経て2005年パナR&D入社。2018年から相模原事業所長。
趣味はスノーボード、フットサル、娘の遊び相手。

本郷 良(ほんごう りょう)
システム開発会社秘書室を経て2012年パナR&D入社。2018年から東京事業所長。
趣味はロードバイクとNetflix。

REQUIREMENTS & ENTRY
募集要項&エントリー

私たちについて キャリア開発
お問い合わせ

CONTACT

よくある質問、
お問い合わせフォームはこちら