採用背景

PANA's TOPICS
パナトピ

社員インタビュー

社員インタビュー

新卒入社後、数年働いてみてどうですか?

2017年4月新卒入社 K.Tさん
機械機構設計・解析





当社が新卒採用に注力し始めて数年が経過しました。

新卒として入社し中堅に成長した技術者へ、ここまでの振り返りを聞きました。

入社からこれまでの仕事内容を教えてください。

今年で入社6年目になりますが、最初の配属以来ずっと同じお客様先で熱流体解析の仕事をしています。
現在は自動車エンジンの放熱量や熱効率などの評価・検証、モデルの作成などが主な担当業務です。

新卒で配属したばかりの頃は、簡単なモデルの作成やエクセルデータの処理を担当することが多かったのですが、上司や先輩方から教わりながら習得していく中で、報告書の考察部分やマニュアルの作成といった知識を要する部分も徐々に任せてもらい、最近ではひとつのプロジェクトを一任されるようになりました。
4年目で『咳による飛沫が、車内の空調によってどのように循環するのか』を解析した際は、計算時間がかなり長いことに加えて飛沫の挙動の再現が上手くいかずとても苦労しましたが、一番成長を感じたタイミングでもありましたね。
現在は、日本ではまだあまり普及していないEVバスのような最新の技術を取り入れた車両を取り扱った解析が難しくもあり、面白くもあり、一番力を入れています。

仕事の変化に伴って、やりがいや嬉しいことも変わりましたか?

予想通りの解析結果を出せたり上司に褒められたりした時は嬉しいですね。これはずっと変わらないです。
やりがいを感じる部分は変化してきています。最初の頃は任されたものを完璧に行うことが目標だったのですが、最近では自分の提案した方法で解析を進めていくことが決定したときや、自分の指導によって後輩が結果を残せたときに達成感が大きいです。
また私は仕事の「知らない部分」に触れることも楽しみだと感じているので、ミスや失敗をしてしまった際に反省する半面、知らない・できないことを克服できるチャンスだと思っています。

新卒入社時に想像していた働き方はできましたか?

新卒で就職活動をしていて最終的にパナR&Dへの入社を決めたのは「入社後の選択肢の多さ」でした。
私は当時、「実際の仕事も知らずに就職するのはすぐに辞めてしまうリスクが高いのでは?」と考えていたため、自分のペースで好きなことや得意なことを仕事にでき、希望すれば違う仕事にもローテーションができる当社を選びました。
学校で機械、運動、材料、流体、熱力学など幅広く学んできたこともあり、実際に働いてみてから自分の方向性を決めたかったのです。
結果として、初期配属先でやりたいことができ長く就業していますが、その間も定期的に営業担当や上司と自分のスキルやキャリアについて話す機会があり現状には満足しています。同期や後輩からローテーションの経験談は色々聞いているので、私もどこかのタイミングで希望し、新しい仕事にチャレンジしてみたいと考えています。



2023年度新卒採用&キャリア採用実施中です!
興味をお持ちの方は以下「募集要項&エントリー」をご覧ください。

REQUIREMENTS & ENTRY
募集要項&エントリー

私たちについて キャリア開発
お問い合わせ

CONTACT

よくある質問、
お問い合わせフォームはこちら